住みやすい部屋を探そう!賃貸物件を見るときのコツ4つ

写真だけではわからない!部屋の雰囲気

賃貸物件を探す際にまず条件を絞って探すと思いますが、写真と実物だと大きく違ってくることは結構あります。

写真通りかなと想像しながら行ったら、実際の雰囲気はなんだか暗くて写真と違う。

写真よりも部屋が狭いなど、踏み込まないとわからないことは多々あります。

なので部屋を実際に見に行くことは必須です。

行ってみて嫌な感じだったり、圧迫感があるとお部屋との相性はよくないかもしれません。

見てみて!周りの雰囲気も大切

居住するにあたって治安というのも気にしなくてはならない部分です。

お部屋の雰囲気がよくても、家の周辺の治安が悪ければ安心して暮らすことができません。

是非その地域の雰囲気、窓から見える風景などもチェックしてみてください。

前回の居住者について聞いてみる

紹介業者の方に是非聞いていただきたいのが、前回の居住者がどういう理由で退室されたかということです。

結婚なのか、転勤なのか、ただ単に引っ越したいから引っ越したのか。

退室の際に大家さんや紹介者は退室の理由を聞いていることが多いので、どういった理由かを把握している場合があります。

わからないとか言葉を濁したりなどする場合はちょっと注意したほうがいいかもしれません。

事故物件ということも否定できなくなるからです。

いい部屋みつけた!でもちょっと待って夜にも見学!

昼間に物件を探して、いい部屋と出会えた!ここにしようと即決するのはちょっとまってください。

表裏一体というように、部屋にも昼の顔と夜の顔があります。

昼間はよかったのに、夜になると突然ガラッと雰囲気を変えて嫌な印象を与える部屋も少なくありません。

その空間で生活するかもしれないのですから、夜での生活も視野に入れてチェックすることをオススメします。

札幌市中央区の賃貸は、利便性と快適性を兼ね備えた立地の物件が多いため、周辺環境を重視している人でも納得のいく物件が見つかります。