住宅ローンに困ったら。任意売却のメリットデメリット

借金の残高を減らすことができる

任意売却の最大のメリットは、市場価格に近い価格で家を売ることができる点です。

相場よりもかなり低い値段で買いたたかれてしまう競売では、売却後の債務残高がかなり残ってしまうことが多くあります。住宅ローンを滞納している時点で、経済的にはかなり苦しい状態。債務が多ければそれだけその後の返済も苦しくなります。それに比べると、任意売却なら売却後の債務をできるだけ小さくすることが可能です。債権者との話し合いが上手くいけば、その後も無理のない範囲で返済していく計画を立てることができます。

また、任意売却は債権者との話し合いで、引っ越し時期を決められる可能性があります。強制的に追い出される心配がなくなれば、次の住む場所を決めるにも余裕を持つことができるのです。

自分で手続きをしなければならない

任意売却にもデメリットが存在します。あとで後悔しないためにも、あらかじめ押さえておくことが大切です。

任意売却は仲介業者に相談し、自分で手続きを進めていかなければなりません。裁判所が介入する競売は、自宅の持ち主の意向が反映されることはありません。逆に言うと自分は何もしなくても勝手に手続きを進めてもらえるということです。持ち主が自発的に動かなければならない点は、必ず押さえておきましょう。

また、債権者や連帯保証人の同意を取り付けなければならないという注意点もあります。もし同意してもらえない場合は任意売却を行うことができません。交渉は専門の不動産業者に依頼する形になるので、経験豊かな業者を選ぶ必要があります。

任意売却とは住宅ローンや借入金等の返済が困難になった時、不動産売却や現金化をスムーズに行うため、不動産業者が様々な調整を行い市場で担保不動産を売却することを言います。