特約に注意?賃貸契約をする際に気を付けることは

そもそも敷金礼金ってどんなもの?

もともと礼金とは、これからお世話になる大家に対しお礼の意味も込めて渡されるお金でした。それが慣習化して、賃貸契約時に支払うべきお金となってきたのです。礼金は多くの場合不動産会社に紹介料として渡されています。礼金には地域差があり、北海道をはじめとして慣習のない地方もあります。一方、敷金とは、家賃滞納などに備えるための担保の意味が強いものです。これまでは退去時のリフォーム代に充てられるケースが多く見られました。近年、地域によっては賃貸物件の空室率が高まる傾向にあり、空き室対策に頭を痛める大家さんも珍しくなくなっています。敷金礼金なしの、いわゆる「ゼロゼロ物件」が増えている背景には、少しでも借りやすくして空き部屋を埋めたいという大家さんの事情があるのです。

契約時注意すべき短期違約金とは何か

ゼロゼロ物件では、契約に短期違約金がつきものです。貸し室から退去者が出た場合にはリフォームを行うのが通例ですが、敷金を取らないとリフォーム代を捻出することができません。家賃の中からリフォーム代を貯める前に退去されてしまうと、持ち出し分だけが嵩むことになります。そのため短期で退去された場合も困らないように、契約に違約金の特約を盛り込んでおくのが通例です。家賃1か月~3か月程度の違約金が定められているケースが多く見られます。

2017年の民法改正により、敷金の返還が義務化されたため、貸主の賃貸物件運営は一層厳しくなることが予想されます。このため借り手にとっては、契約書や重要事項説明書に、短期違約金の特約や退去時のハウスクリーニング代請求などの特約があるかどうかをしっかり確認しておくことが重要なのです。

バスとトイレが別であり、洗濯機置き場も完備している物件が、学生に適した新札幌の賃貸マンションの特徴です。