人によって最適解は違う!賃貸物件で選ぶべき間取りの問題

一人暮らしの人ならワンルームでも大丈夫

賃貸物件でどのような間取りを選択すればいいかは、大きな問題として立ちはだかりますよね。人によって最適な間取りは変わってきますから、自分の生活を顧みて考えていくといいでしょう。ただ、東京ではワンルームぐらいしか安いマンションがないので、多くの人はワンルームを選択します。完全に一人暮らしだという人なら、それでも問題はないでしょう。1Kという間取りも人気ですね。自炊をして少しでも生活費を減らしたいという人なら、ワンルームよりも1Kを選択しておくと、総合的な出費は減らせるかもしれません。

夫婦で住むなら二部屋は欲しい

夫婦に限らずですが、誰かと一緒に暮らすなら、二部屋は欲しいところです。なぜなら、いくら仲が良くてもときにはケンカをすることもあるからです。一人になりたい時間というのはどうしても出てきますから、家の中で別々に過ごせることが重要になります。二部屋あるのもいいですが、一部屋とリビングでもいいでしょう。1LDKのような間取りでも、最低限別々の場所で過ごすことは可能ですから、これでもいいかもしれません。将来的に子どもができそうなら、2LDKあたりを選択しておくと、子どもが生まれたタイミングで引っ越しをしなくてもよくなりそうです。3LDKの部屋は、複数の子どもか、または親と同居をする家族向けでしょう。親の介護をしながら生活をするという場合には、この間取りが最高になりそうです。3LDK以上の間取りになると一気に家賃が上がる可能性がありますから、普通の人はこのあたりを上限に考えて行きます。

麻生の賃貸は、都心へのアクセスが良く都心へ通う会社員や学生に人気です。周辺の環境は、里山が残る緑豊かで住環境は最適で、また街路灯の整備が良く、夜遅くの駅からの帰宅も安心です。