これって何?賃貸契約時に必要となる敷金と礼金の話

敷金とは貸し手に預けておく保証金のこと

賃貸契約時には、敷金と礼金を支払う必要が出てくるケースが多いです。物件によっては、礼金が不要だという場合もありますが、敷金は多くの物件で支払う必要があるものです。その額は、家賃のおよそ一ヶ月分が相場です。このお金は何のために支払う必要があるのかと言うと、部屋の清掃や修繕の必要がある際に使うのです。特に敷金が使われるのは、退去時でしょう。退去時には部屋のクリーニングをする必要がありますが、その際には敷金の中から費用を出すこととなります。クリーニング以外に修繕の必要があるときには、それも敷金でカバーしていきます。部屋をきれいに使って修繕の必要がないという場合は、敷金の多くは返却される仕組みになっています。預けておくだけで、基本的にお金は全額借り手のものです。大家さんのものにはならない点が特徴的です。

礼金とは感謝する意味で渡すお金のこと

礼金というのは敷金とは違っていて、完全に大家さんの取り分になるものを言います。感謝のために渡すお金のことであって、何のために使うという目的があるわけでもないのです。ですから、最近は礼金が必要ないという賃貸物件も増えてきました。昔から慣例的に支払っているお金なだけで、特になくても問題はないのです。入居率をアップさせるために礼金ゼロとしている物件が近年は増えてきました。礼金があるというだけで敬遠される可能性もあるので、これからはどんどんと礼金がゼロで大丈夫だという物件が増えていくはずです。昔ながらの慣習も、絶対に必要だというのでもない限りは、いつかは薄れてなくなっていくのでしょう。

旭川の賃貸物件というのは、安くて設備が充実しているのが特徴です。特に冬の寒さを防ぐのに特化しています。