知って得する!?賃貸契約締結時に有効な交渉はこれだ!

交渉を何もしないのは大損の始まり

じっくりと時間をかけて物件を吟味して、もうここしかないという物件をみつけ契約にいたります。胸踊らせ契約書にハンコを押すわけですが、ここで一旦落ち着いて考えてみましょう。賃貸物件の賃貸条件はあくまでも貸主の希望条件が記載されているだけで、必ずしもその条件で借りなければならないということはないのです。賃貸に限らず不動産に関連する事は、なかなか人生の中でも経験する事が少ないので当たり前の用に募集条件で契約してしまいがちですが、実は契約前に交渉の余地はあるのです。交渉をすれば借主にとってより良い条件に100パーセントなる訳ではありませんが、もちろん交渉を失敗してももとの募集条件で交渉すれば良い訳ですから何も損は無いのです。

賃貸契約のここは交渉しやすい

これだという物件を見つけたら、まずは賃貸物件の賃料に関して値下げ交渉をしてみましょう。交渉相手はもちろん物件を案内してくれた仲介をする不動産業者です。不動産業者は貸主と借主の橋渡し役ですので、借主の希望を貸主と交渉してくれます。賃料は毎月の貸主の交渉なので、賃料が下がれば本当にラッキーですが、現実的にこの交渉は難しいと思います。次に敷金や礼金ですが、敷金は最後の退出時の精算金の意味合いが強いので、やや礼金の方が交渉の余地があります。また、不動産業者の仲介手数料も交渉してみましょう。ここまでで、何か交渉が成立したら大成功です。最後に、契約後のフリーレント期間の交渉をしてみましょう。これは1ヶ月程度なら成功しやすいので必ず交渉してみましょう。

菊水の賃貸は駅から徒歩10分以内の物件で1ルーム2万円以下が多数あります。1LDKでも2万5千円が多数あり、激安です。